今なお健在!!戦火を潜り抜けた幸運の船『宗谷』

お台場の船の科学館に展示保存されている、一隻の船があります。

『宗谷』

現在は海上保安庁の巡視船として扱われ、船籍も有しており、やろうと思えば自力走行も可能だそうです。

そしてこの宗谷は、実は一時期帝国海軍にも特務艦として在籍していたこともあります。

終戦後は南極探検のための観測船としても使われたそうです。

実は宗谷には様々なニックネームがありました。

『奇跡の船』『不可能を可能にする船』『海のサンタクロース』『北洋の守り神』そして、『帝国海軍最後の生き残り』

宗谷は第二次世界大戦中は帝国海軍の特務艦として、輸送任務や測量などの任務に就き、終戦後も様々な過程を経て、ついには南極観測船にまで選ばれました。

当時はかなり難しかった南極探検を何度も成功させた宗谷は、幸運の船としても親しまれていました。

更に帝国海軍に所属していた船という意味では、健在なのは宗谷くらいです。

当然、退役の際は保存の声が高まり、船の科学館に保存されることとなりました。

保存された後も、宗谷は海上保安庁特殊救援部隊の訓練施設としても使われています。全身脱毛 9500円