子育てを通じて「ありがとう」という言葉を考えさせられた

先日、お天気が良かったので、息子を連れて公園で遊びました〜。
その時にちょっと考えさせられる出来事があったのでご紹介です。
息子が、大好きな滑り台を滑ろうと、滑り台をのぼる階段の下にかけよったところ、息子より小さな男の子と鉢合わせに!!
どちらがゆずるのかなーと、遠くで見ていたのですが、なんとうちの息子が一歩引いたのです^^
自分より小さくて弱い立場の子にゆずることができるなんて、なんて優しい男の子に育ってくれたんだろう♪
これまでの子育てはまちがっていなかった〜と噛みしめていました(完璧な親ばかですww)
でも、その時、その小さな男の子の親御さんが、「ちゃんとありがとうって言おうね。
お菓子やおもちゃをもらった時だけにありがとうって言うんじゃないんだよ」と声をかけていました。
そう言われてみれば、うちの息子は物をもらった時以外に「ありがとう」って言えてるかなー。。と
いや、待って、その前に母親の私は、ちゃんと家の中で「ありがとう」って言えてるかなー。。。
主人にリモコンを取ってもらった時、お茶を入れてもらった時、洗濯物を取り込んでもらった時・・・
全然言ってないじゃん!!
子供は親を見て育ちます。私の日々の言動を見て、子供の人格が形成されていくでしょう。
その素敵な親御さんの言葉を聞いて、「ありがとう」があふれた家庭にしていかなきゃ!と固く誓った公園での出来事でした。