資本ポリシーをたのしもう。がんがんかせごう。

最近は、プア充という様式が流行っていると訊く。
安い収入で、生活費を安くして、共有したりミニマリストになったりして
充実した生活を送るのだ。
それはそれで、ありな家計だと想う。
ものに囲まれず、明確ライフスタイルで、収入は短いけれどものに縛られない幸福な家計。
プア充っていうのはあこがれるなあ。
でも私のら、儲けがひと月80万円あるから、せめてプアーじゃない。
それに最近は、ほしい一品も出てきたし。
次は、ルイ・ヴィトンのヴェルニの小銭書き入れがほしい。
小銭を貯めて、コンビニエンスストアに行ったり上級に行ったりするのに取り扱う。
ルイヴィトンのヴェルニ、いっぱいほしいなあ。
今はベルトと財布と通過カテゴリーを持ってるんだ。えへん。
より、ルイ・ヴィトンがほしいなあ。
あとはシャネルのシャンプーもほしい。
でもシャネルのシャンプーは、依然あまってる。
チマチマしか使ってないから。
資本主義は、際立つ物品を編み出しまくってるよ。
買い出しできるようになっていとも嬉しい。